FC2ブログ

お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

秋の祇王寺

奥嵯峨にある、「平家物語」悲恋の尼寺です。
平清盛の寵愛を受け、栄耀栄華の暮しをしていた白拍子・祇王。若い白拍子・仏御前が現れ、清盛の愛を失うと全てのものを失いました。
悲しみの後、母と妹を連れ出家し余生を過ごしていると、祇王の無情を見た、仏御前は我が身も同じ運命と悟り、清盛のもとを去り、祇王を頼り出家し、女4人で過ごした小さな尼寺です。
本堂には、大日如来、清盛と4人の像が安置されています。
影が虹色に映る吉野窓という丸窓も見ものです。丸窓から眺める庭は、12月初旬のモミジが苔の上に落ちた散り紅葉、そして枝にも残っている様がとても美しいです。

1001284_355145144631082_1555389458_n_convert_20131119163009.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3931_convert_20131119164714.jpg
DSCN3933_convert_20131119164756.jpg
DSCN3934_convert_20131119164855.jpg

古典柄のお着物でしっとり、はんなり

DSCN3935_convert_20131119164941.jpg
DSCN3936_convert_20131119165016.jpg
DSCN3937_convert_20131119165058.jpg

リピさん☆今回もアンティーク着物でレトロさ満開

DSCN3939_convert_20131119165145.jpg
DSCN3940_convert_20131119165230.jpg

モダンに夢二風でいってみよう~♪と写真を撮らせてもらいました(*^∀^*)



今日の一文

「子供が産まれたら子犬を飼うがいい、
子犬は子供より早く成長して、子供を守ってくれるだろう。
そして子供が成長すると良き友となる。
青年となり多感な年頃に犬は年老いて、死ぬだろう。
犬は青年に教えるのである、死の悲しみを」





スポンサーサイト



| 京都着物処・べべ屋ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kimonobebeya.blog.fc2.com/tb.php/532-c153f5fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)