FC2ブログ

お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介
銀閣寺 「向月台」「銀沙灘」

方丈の前庭にある白砂の砂盛り「向月台」と、波紋を表現した「銀沙灘」も見所の一つです。
今のように明かりが無かった昔は、少しでも明るくする工夫で、白い砂に月の光を反射させ、明かりを部屋の中に取り込むようにしました。
なんとも風情があり、穏やかな時間が流れていたんですね。

銀閣の前にある錦鏡池を中心にした池泉回遊式庭園は特別史跡、特別名勝にも指定されている景勝地です。

1005355_312249292254001_1499309937_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3761_convert_20131029164400.jpg
DSCN3762_convert_20131029164452.jpg
DSCN3763_convert_20131029164534.jpg
DSCN3764_convert_20131029164628.jpg

アンティークの中でも一際レトロモダンで素敵な組み合わせです

DSCN3765_convert_20131029164713.jpg
DSCN3766_convert_20131029171059.jpg

正絹に矢絣と、昭和モダンな着こなしが粋ですね男性の紫も良くお似合いです☆

DSCN3767_convert_20131029171149.jpg
DSCN3769_convert_20131029171421.jpg
DSCN3770_convert_20131029171513.jpg

団子屋を脱し、落語家へいやはや、違和感無く着こなし上手ですね



今日の一文

気分が良いときも そうでないときもある
うまくいくときと そうでないときがある
大事なのは 他人のせいにしないこと
それだけで十分





スポンサーサイト

お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介
宇治上神社

平等院とともに、世界文化遺産に登録されました。
山門は、山寺の門のように小さく質素なもので、潜ると直ぐに拝殿。拝殿、本殿とも国宝です。
拝殿の前には氏子により奉納された"清め砂”があります。
平等院に比べると訪れる人も少なく、じっくりと国宝と向かい合える静かなところです。
宇治上神社が世界遺産に登録されたのは、本殿の中の3つのお社が、現存する最古の神社建築である事と、拝殿が平安時代の住宅様式が取り入れられた建物だからです。
ともに京都市内ではもう残っていない貴重な建造物です。

577472_344607129018217_310030412_n_convert_20131028183545.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3759_convert_20131028183452.jpg
DSCN3754_convert_20131028183122.jpg
DSCN3757_convert_20131028183322.jpg
DSCN3755_convert_20131028183240.jpg
DSCN3758_convert_20131028183409.jpg

街着的な着物が着たくて当店を選んで下さいましたお似合いですね~♪



今日の一文

小学生高学年「低学年の頃は良かったわ―」
中学生「小学生の頃は良かったわー」
高校生「中学の頃は良かったわ―」
大学生「高校の頃は良かったわ―」
社会人「学生の頃は良かったわ―」
退職後「働いてた頃は良かったわ」
いい加減気づいてほしい
今が一番楽しいって事に。





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

大徳寺塔頭 龍源院

龍源院の見所は、方丈を中心に東西南北に設けられた庭園です。
写真は、方丈前庭(南庭)。方丈から向かって右が石組みの鶴島、左が石と苔山の亀島とからなる、白砂と石組みの枯山水庭園「一枝坦」です。
他にも、書院南に阿吽の石庭「滹沱底」。方丈東庭には、珍しい壺石庭で有名な「東滴壺」。
開祖堂前庭には、元大宮御所にあった桃山型石灯籠が置かれた庭があり、廊下伝いに進むと方丈北庭、須弥山式枯山水 庭園「龍吟庭」。
手入の行き届いた美しい庭を眺めていると、ゆったりした時間が流れて静かなひと時を堪能できました。

1383698_343252439153686_2118092375_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3753_convert_20131027185858.jpg
DSCN3751_convert_20131027185713.jpg
DSCN3752_convert_20131027185810.jpg
DSCN3750_convert_20131027185511.jpg

おちゃめな三人娘アンティークと正絹の着物の柄がレトロで可愛い

DSCN3741_convert_20131027184730.jpg
DSCN3742_convert_20131027184814.jpg

モダンに可愛らしく着こなして頂きました

DSCN3745_convert_20131027185046.jpg

彼女さんは大正浪漫風に彼氏さんは茶道のお師匠さんみたいになりました(>∀<)★

DSCN3743_convert_20131027184859.jpg
DSCN3744_convert_20131027184952.jpg

今日のテーマは清楚な感じで♪ピッタリですね

DSCN3749_convert_20131027185409.jpg
DSCN3748_convert_20131027190441.jpg

正座しての後姿が何とも可愛かった綺麗所のお二人です。



今日の一文

悲しんではなりません。
あなたが失ったものは、
いつか形を変えて、
あなたのところに戻って来ます。





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

高台寺

夜間特別拝観が開始されました。

庭園のライトアップと、これからは紅葉も楽しみです♪

★10月25日~12月10日

2013akis.jpg2013autumn_n.jpg

正伝永源院

秋の庭園公開 寺宝展 チラシ・ポスター完成

公開期間
★11月14日〜12月1日
★10:30〜16:30(16:00受付終了)

秋は初公開となります。

ぜひ錦秋をお楽しみ下さい。

1379622_208891685950068_222322969_n.jpg




本日のお客様

DSCN3725_convert_20131026155519.jpg
DSCN3727_convert_20131026155615.jpg
DSCN3728_convert_20131026155739.jpg
DSCN3729_convert_20131026155820.jpg

和傘屋さんが来られてたので、お借りしてパチリ★

レトロな着物とのコラボがハマります

DSCN3732_convert_20131026155907.jpg
DSCN3733_convert_20131026155951.jpg

今日は、お店のホームページの為の撮影だそうです。

DSCN3739_convert_20131026161525.jpgDSCN3740+(2)_convert_20131026161613.jpg

 和傘・提灯・灯り 「辻倉」  中京区河原町通四条上ル米屋町380

DSCN3734_convert_20131026161444.jpg

京都に三軒しか残ってない老舗の和傘は心を奪われるような美しさでした。

ウチのモダンな着物との掛け合いが見所ですね

DSCN3735_convert_20131026160209.jpg
DSCN3737_convert_20131026160119.jpg
DSCN3736_convert_20131026160040.jpg

古典柄で可愛らしく着こなして頂きました




今日の一文

貧しい時代の苦労はお金で買えない貴重な体験。

どんなに辛くても楽なほうへ逃げない。
人にできない苦労ほど、いつか楽しい思い出になる。

美輪明宏






お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

河合神社

下鴨神社の糺の森に南側から入って左手にあります。
祭神は玉依姫命、女性の守護神であり、女性の美への願いが叶うといわれ、古くから厚い信仰を集めています。 安産・育児・縁結び・学業・長寿の神様です。
本殿にずらりと奉納されているのは、「鏡絵馬」
裏側に願い事を書き、表には自分の使っているアイテムを使って、自分でお化粧をする珍しいタイプの絵馬です。
いろいろな表情があって、とても華やか♪みんな口角が上がってしあわせ顔です!(*゚ー゚*)v
とても清々しい雰囲気に満ちた境内です。
心が清らかになり、お肌にも潤いやコラーゲンが満ちあふれそう♪
境内には「方丈記」で有名な鴨長明の資料館や方丈もあります。

1379219_172591226280464_1683798765_n.jpg
1375251_172591262947127_356042749_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3723_convert_20131025160141.jpg
DSCN3722_convert_20131025160104.jpg
DSCN3721_convert_20131025160021.jpg
DSCN3720_convert_20131025155934.jpg
DSCN3724_convert_20131025160221.jpg

三姉妹共にアンティーク着物をお選びになられました

お色違いの椿の帯が可愛いらしい♪



今日の一文

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

大徳寺塔頭 総見院をご紹介します。

あまり知られていない穴場ですが、今特別公開中です。

本能寺の変で亡くなった織田信長の菩提を弔うため豊臣秀吉が建立した寺です。
信長の葬儀はここで盛大に行なわれました。墓地には、信長以下一族の墓が建ち並んでいます。
表門と周囲の土塀は、塀の中に塀があるという珍しい二重構造の塀で「親子塀」といわれ創建当時のものとか。
本堂横には、加藤清正が朝鮮から持ち帰った石で造られた、掘り抜き井戸があり、現在も使われていて、この水を使ったお茶が拝観者へふるまわれました。
本堂横の庭園には、秀吉遺愛の侘助椿の大樹が見られます。
また、豊臣秀吉が催した「大徳寺大茶会」は、ここ総見院であったそうです。

1384189_174413582764895_380829452_n.jpg1390768_174413626098224_310916954_n.jpg
1377508_174413769431543_1812844917_n.jpg1378601_174413806098206_1537946048_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3696_convert_20131024162240.jpg
DSCN3693_convert_20131024162504.jpg
DSCN3694_convert_20131024162542.jpg
DSCN3695_convert_20131024162624.jpg
DSCN3697_convert_20131024162423.jpg

美人揃いで着物が映えますねゴージャスママ



今日の一文

仕事は自分で探して、創り出すものだ。
与えられた仕事だけをやるのは、雑兵だ。

織田信長





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

京都三大祭りの一つ、時代祭が22日、京都市内で繰り広げられました。

明治維新から平安遷都まで各時代の装束を身につけた約2千人、全長2キロの行列が秋の都大路を進み、歴史絵巻を展開した。

午前9時、桓武、孝明両天皇の祭神を乗せた鳳輦(ほうれん)が、左京区の平安神宮から上京区の京都御苑に向かった。
気温22・4度(京都地方気象台調べ)、曇り空。
正午、ハイライトの時代行列が京都御所の建礼門前を出発。
維新勤王隊列が軽やかな鼓笛演奏を響かせ、先頭を切った。
 
時代はさかのぼる。

豪華な駕籠(かご)が中心の徳川城使上洛列では奴(やっこ)振りのユニークな所作が観客の笑いを誘い、江戸時代婦人列の和宮の十二単(ひとえ)、出雲阿国(いずものおくに)の奇抜な衣装が注目を集めた。
織田信長や足利将軍、楠木正成ら、戦国、室町、鎌倉の各時代の武者たちが連なり、唐風から国風へと移り変わる平安時代の女性の装束が続く。
時代考証を重ねた威風堂々、絢爛(けんらん)豪華な行列に、沿道から大きな拍手が送られた。
 時代祭は、平安遷都1100年目を記念し、平安神宮が創設された1895年に始まった。
戦争などで10回の中止があった。
今年で109回目となる。

001.jpg

毎日新聞より抜粋



本日のお客様

DSCN3685_convert_20131022162218.jpg
DSCN3686_convert_20131022162258.jpg
DSCN3687_convert_20131022162338.jpg
DSCN3684_convert_20131022162038.jpg

大喜びの外人さん

DSCN3692_convert_20131022162659.jpg
DSCN3689_convert_20131022162500.jpg
DSCN3688_convert_20131022162419.jpg
DSCN3690_convert_20131022162539.jpg
DSCN3691_convert_20131022162620.jpg

粋な姐さんと、おきゃんな娘さん風になりました



今日の一文

日常が失われたとき
非日常がやってきて、
その非日常が
いつの間にか日常になる。

出会いと別れを繰り返して
色んなものが変わりゆくけど、
その中で残ったものが、
その中で変わらなかったものが、
“ほんとう”なんだと思う。

涙のつらい別れも、
きっとその
“ほんとう”を
見つけるためにあるんだね。





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

大将軍八神社

平安京建設のおり、都の方除けの為に造営されました。
陰陽道に依り、都の鬼門を守っている方除けの神として、今も厚い信仰を集めています。
この神社のご利益は、陰陽道の方位神であるので、建築や転居、旅行などにおいて方角の吉凶を司る神様です。
神社とは、切っても切れない関係にある陰陽道は、あの陰陽師・安倍晴明がルーツらしく、安倍晴明にまつわる貴重なものや、ユニークな物も数多く見ることが出来ます。
方徳殿に大将軍神像80体(重要文化財)と、陰陽道安倍家の古天文暦道資料(府文化財)が、春と秋に特別公開されます。

旅行の吉凶も司り、厄除けも出来るので、京都旅行の際立ち寄られるのも良いかも知れません。

1185886_316489981829932_551002188_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3676_convert_20131021180625.jpg
DSCN3678_convert_20131021180845.jpg
DSCN3679_convert_20131021180933.jpg

ハッピバァ~スディ~トゥ~ユ~ゥヽ(^。^)ノおめでとうございます

DSCN3682_convert_20131021181149.jpg
DSCN3681_convert_20131021181104.jpg
DSCN3680_convert_20131021181018.jpg
DSCN3683_convert_20131021181226.jpg

アンティーク着物が良くお似合い笑顔が眩しい三人さん



今日の一文

「あおいくま」

あせるな
おこるな
いばるな
くさるな
まけるな





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

大徳寺塔頭 秋の高桐院

大徳寺山内の西にあります。高桐院の表門を潜ると、これまでの境内の風景が一変します。
楓と竹林の美しさ、緑の濃さに圧倒されます。
庫裡へ向かう長い石畳の参道は、紅葉の頃息を呑む美しさに変貌します。
本堂(客殿)南の庭は、竹林を背景に楓と石灯籠と緑苔で構成された簡素な庭園。
赤い毛氈に座ると、表門を潜ったときに見た楓の青葉が瞼に重なり、清楚・簡素・静寂などの言葉が似合う庭園です。
庭園奥には、細川忠興とその夫人ガラシャの墓とされる石灯籠があります。
この石灯籠は千利休が愛用した灯籠でしたが、秀吉が欲しがったため、灯籠に一角を壊して、召し上げられるのを逃れたといわれる灯籠。
多くの見所がある高桐院、秋の紅葉は比べる事が出来ない素晴らしい美しさです。

1379708_340407572771506_1608896939_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

今日は団体さんにお越し頂きましたが、パタパタで写真撮れず、後日送って下さいね~

DSCN3674_convert_20131020185831.jpg
DSCN3675_convert_20131020185915.jpg

赤い古典柄のおべべが良くお似合い

お客様からのお便り

DSC_0043_042_a (640x417) (640x417) (300x195)

DSC_0069_068_a (417x640) (195x300)

凄く雰囲気の良いレトロな感じです!!素敵や



今日の一文

【15個の会話のマナー】

1. 発する言葉が美しければ、戻ってくる言葉も美しくなる。
2. 初対面は、試験と同じ。うっかり名前を忘れると、0点になる。
3. 故事、ことわざ、四字熟語を、会話に含めすぎない。
4. 嫌いな人の話題を、わざわざ自分から出す必要はない。
5. 口論の真の勝ち方とは、言い負かすことではない。相手から共感や同意を得ること。
6. 肯定の言葉ほど、強く言う。否定の言葉ほど、優しく言う。
7. 誤解されたとき、慌てないことが大切。
8. お礼を言う場面で「すみません」と謝っていませんか。「ありがとうございます」で伝えてみよう。
9. 「本当ですか?」「嘘〜?」などと疑う言葉が口癖になっていないか注意。
10. 命令のアドバイスより、提案のアドバイスが、愛される。
11. きちんと相手の目を見ながら「ありがとう」や「ごめんね」を言っていますか。
12. 話の先が予想できても、話を遮らない。
13. いらいらしているときは、無理に会話をしない。
14. 「お忙しいところ失礼します」を忘れずに。
15. 「くだらない」と言わないほうがいい。





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

秋の高山寺

高山寺は京都市右京区栂尾にある古刹です。
何度かご紹介していますが、秋の高山寺の美しさは絶景です。
京都の中でも高尾・栂尾方面は、少し早く色づきますので、一足早い紅葉を楽しむ事ができるお勧めの場所です。

創建は奈良時代に遡るともいわれ、神護寺の別院であったのが、建永元年明恵上人が後鳥羽上皇より、その寺域を賜り名を高山寺として再興されました。
楓の古木や苔に覆われた石垣と草木の中を、つづら折にのぼって行くと、一木一草をそのままに、手を入れすぎない自然が美しく、段を登り切ると、石積みの上に低い白壁が続きます。国宝の石水院があります。
鳥獣人物戯画、日本最古の茶園、数多くの貴重な美術工芸品を所有する事でも有名です。

1378005_336238579855072_2121834926_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3663_convert_20131019142050.jpg
DSCN3666_convert_20131019142210.jpg
DSCN3665_convert_20131019142132.jpg

いやはや、楽しませて頂きました(>∀<)☆

DSCN3667_convert_20131019142250.jpg
DSCN3668_convert_20131019142330.jpg
DSCN3669_convert_20131019142409.jpg

働いてくれておおきにです

DSCN3670_convert_20131019142448.jpg
DSCN3671_convert_20131019142534.jpg
DSCN3672_convert_20131019142610.jpg

古典柄が心底可愛いですねっ



今日の一文

子供は親の言うことはきかないが、
親のする通りにはするもの。
親の生き方こそ
子供にとって最高の教材です

ジョセフ・マーフィーより





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

秋の曼殊院 ライトアップ
天台宗の門跡寺院で五箇門跡の一つです。
もとは比叡山に最澄が開いた東尾坊が始まりで、947年住持の是算国師が菅原氏の出であったことから、曼殊院の門主は代々、北野天満宮の別当を兼務され、明治の初めまで続いていました。
境内の枯山水庭園では、白砂と杉苔と紅葉が見事なコントラストを見せ、勅使門へ続く楓並木や白壁塀に映える紅葉は見逃せません。
庫裡から大玄関へ入ると、狩野永徳筆の襖画のある虎の間、岸駒筆の襖絵のある孔雀の間、そして竹の間。
長い廊下を進むと江戸時代初期の建築・大書院となり、各部屋の狩野探幽筆の障壁画や仏間。
大書院の前の庭園は枯山水。
白砂や石を組み合わせた鶴島と亀島とがある。続いて、小書院でここも狩野探幽筆の障壁画がみられる。
ほんとうに見所の多い寺院です。

995499_339343559544574_1455575011_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3658_convert_20131018163128.jpg
DSCN3660_convert_20131018163346.jpg
DSCN3661_convert_20131018163429.jpg
DSCN3662_convert_20131018164545.jpg

同じアンティーク着物でも三人三様で全く違った感じに素敵です(*^_^*)




今日の一文

必要なのは、
勇気ではなく、
覚悟。
決めてしまえば、
すべては動き始める。

高橋歩





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

清水寺舞台を下から見上げた所です。

昔から思い切って決心することを「清水の舞台から飛んだつもりで・・・」といいますが、
その語源となったのがこの場所です。
錦雲渓の急な崖に、最長約12mの巨大な欅の柱を並べ、「懸造り」という手法で、
釘を一本も使わずに組み上げた木造建築です。
本堂から張り出した「舞台」はちょうど4階建てのビルの高さにあたり、京都市街が一望できます。
面積は約190㎡、410枚以上のヒノキ板を敷き詰めた「桧舞台」です。
この舞台はもともと、御本尊の観音さまに芸能を奉納する場所で、
平安時代から雅楽や能、狂言、歌舞伎、相撲など、さまざまな芸能が奉納されてきました。
現在でも重要な法会には、舞台奉納が行われます。
京都では1.2を競う有名どころですね。

1378469_338680956277501_696390525_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3648_convert_20131017121046.jpg
DSCN3649_convert_20131017121154.jpg
DSCN3650_convert_20131017121323.jpg

彼氏さんのお誕生日にサプライズプレゼントなんですきゃ

DSCN3657_convert_20131017165305.jpg
DSCN3653_convert_20131017164834.jpg
DSCN3655_convert_20131017164958.jpg
DSCN3651_convert_20131017164917.jpg

団体さんです~(*^_^*)

ゼミで卒アルに載せる為に京都らしく着物で、素敵な思い出になりますね



今日の一文

「あたりまえ」を「ありがとう」と言える人
「だからなに」を「おめでとう」と言える人
「もうだめだ」を「これからだ」と言える人
「なりたいな」を「なってやる」と言える人
「もういいや」を「まだやるぞ」と言える人
そういう人になりたい。





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

秋の善峯寺

源算上人が開山。十一面千手観音の像を刻み、本尊とされ仏法を興隆されました。
応仁の乱で寺は焼失してしまいましたが、徳川綱吉(五代将軍)の生母「桂昌院」の寄進により再興されました。
徳川家ゆかりの秘宝も多く、「文殊堂」の中の数々の寺宝は見ものです
桂昌院様お手植えの樹齢300年の枝垂れ桜、樹齢600年以上の遊龍の松等、見所はたくさんあります。
最も歴史が古いと言われている西国観音巡礼の「第20番札所」でもあります。

1383145_338228162989447_68536127_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3644_convert_20131015165213.jpg
DSCN3647_convert_20131015165307.jpg
DSCN3646_convert_20131015165251.jpg
DSCN3645_convert_20131015165232.jpg

アンティーク着物で、はんなり嵐山散策へ♪ お二人の組み合わせも良かったですね

DSCN3632_convert_20131015155750.jpg
DSCN3631_convert_20131015155901.jpg
DSCN3633_convert_20131015155917.jpg

三人三様それぞれ可愛く着こなして頂きました

DSCN3634_convert_20131015155934.jpg
DSCN3635_convert_20131015155948.jpg
DSCN3636_convert_20131015160002.jpg
DSCN3637_convert_20131015160017.jpg

町娘感が半端無い、似合い過ぎですねっ(#^.^#)

DSCN3639_convert_20131015160036.jpg
DSCN3641_convert_20131015160112.jpg
DSCN3642_convert_20131015160128.jpg
DSCN3643_convert_20131015160143.jpg
DSCN3640_convert_20131015160056.jpg

リピさん皆さんのキャラが際立つ粋な着こなしです素敵でしょ



今日の一文

幕末にも活躍した、薩摩藩士たちの教えです。
『男の順序』
一、何かに挑戦し、成功した人
二、何かに挑戦し、失敗した人
三、自分では挑戦していないが、挑戦する人を手助けした人
四、何もしない人
五、何もしないが、他人の批判だけをする人





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

伏見稲荷大社の絵馬は狐くんです。

1300年にわたって、人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮。
全国に約3万社ある稲荷社の総本宮です。
古くは五穀豊穣の神として、時代とともに、今では商売繁昌の神として信仰を集めています。
千本鳥居や参道が摩訶不思議な空間を創りだし、ちょっと異空間にいる様な気分にさせてくれます。
かわいい狐たちの様々な表情や、くわえている物に注目してみるのも面白いですね。
金運上昇、おもかる石など、パワースポットとしても有名です。

1395130_337573393054924_468306657_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3599_convert_20131014170749.jpg
DSCN3600_convert_20131014170813.jpg
DSCN3601_convert_20131014170832.jpg

古典柄とモダンな感じで、粋に着こなして頂きました ぐるるるぅ

DSCN3610_convert_20131014173553.jpg
DSCN3619_convert_20131014173203.jpg
DSCN3630_convert_20131014173219.jpg

おチビさん達の衣装合わせです



今日の一文

そのうち

そのうち お金がたまったら
そのうち 家でも建てたら
そのうち 子供から手が放れたら
そのうち 仕事が落ちついたら
そのうち 時間のゆとりができたら

そのうち………
そのうち………
そのうち……… と、
できない理由を
くりかえしているうちに
結局は何もやらなかった
空しい人生の幕がおりて
顔の上に 淋しい墓標が立つ

そのうちそのうち
日が暮れる
いまきたこの道
かえれない

by 相田みつを






お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

嵯峨野竹林

嵐山の北東に広がる嵯峨野は、平安時代から貴族の別荘や庵が開かれた土地です。
かつて、貴族が愛したこの場所は、1000年を経た今も多くの人々に愛され続けています。
時代が変わっても変わらない、そんな普遍的な美しさを持った場所なのかもしれません。
嵯峨野の竹林の中で最も有名なのが、野宮神社から大河内山荘へと至る道です。
いつもよりゆっくりと歩く事で、風が運ぶ竹の香り、隙間から注ぐ日差しが感じられます。
時間の感覚を忘れ、ただ目の前を歩いていると、それだけで自然に溶け込む心地よさが味わえます。
秋には「京都花灯路」が催され、ライトアップされた竹林が幻想的な姿で迎えてくれます。
昼間とは違う、異次元の空間が浮かび上がります

1004_321287598016837_336043079_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3589_convert_20131013171849.jpg

素敵なお茶会に行かれたそうです

DSCN3587_convert_20131013171743.jpg
DSCN3588_convert_20131013171827.jpg

持込着付なんですが、猫柄の帯と帯締めが可愛くて

DSCN3590_convert_20131013171908.jpg
DSCN3591_convert_20131013171924.jpg

小学生の女の子お人形さんみたいに愛くるしい

DSCN3592_convert_20131013171939.jpg
DSCN3593_convert_20131013171955.jpg

癒し系の彼女さんポワポワしてて凄く可愛く、爽やかカップルさんです

DSCN3594_convert_20131013172025.jpg
DSCN3595_convert_20131013172040.jpg

楽しい4人組さんアンティークで揃えて頂きました

DSCN3596_convert_20131013182043.jpg
DSCN3597_convert_20131013182102.jpg
DSCN3598_convert_20131013182118.jpg

レトロモダンで雰囲気良く着こなして頂きました色違いの帯がポイント



今日の一文

幸せとは
欲しいものを得たり、
なりたいものになったり、
したいことをしたりするところから
来るものではなく、

今得ているもの、
今していることを、
あなたが好きになるところから
生まれる。

トリーチェ





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

10月22日(火)は京都「時代祭」です。

1235239_517967328291452_1205850131_n.jpg
528227_522529531168565_1514469864_n.jpg1375292_520667041354814_81957306_n.jpg1383644_521707334584118_548621393_n.jpg1376426_518373578250827_1954533611_n.jpg



本日のお客様

DSCN3574_convert_20131012123656.jpg
DSCN3573_convert_20131012123557.jpg

アンティーク着物で可愛らしく

DSCN3577_convert_20131012123957.jpg
DSCN3578_convert_20131012124039.jpg

モダンに、みんな違ってみんないい感じ

DSCN3576_convert_20131012123904.jpg
DSCN3575_convert_20131012123739.jpg

レトロに決めて素敵な着こなしです

DSCN3581_convert_20131012124454.jpg
DSCN3582_convert_20131012124535.jpg

外人さんも古典柄がお好き

DSCN3580_convert_20131012124312.jpg
DSCN3579_convert_20131012124231.jpg

爽やかに着こなして頂きました

DSCN3584_convert_20131012161408.jpg
DSCN3583_convert_20131012161324.jpg

いやはや楽しそう(*^∀^*)それぞれ優しい感じになりましたね♪

DSCN3586_convert_20131012184545.jpg お土産ありがとうございました(^人^)




今日の一文

どんなに悔いても
過去は変わらない。
どれほど心配したところで
未来もどうなるものでもない。
いま、現在に
最善を尽くすことである。

松下幸之助





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

秋の仁和寺

皇室とゆかりが深く、最も格式の高い寺院です。
代々親王が住持したことから、「御室御所」とも言われ、御殿の内部は宮廷のような造りです。
春の桜と秋の紅葉が見事で、これからの季節は、一面美しい紅葉に彩られます。
また、正門にあたる仁王門は、左右に金剛力士を安置した朱塗りの堂々たる楼門、これは、徳川幕府3代将軍・家光が建立したものです。
広い境内には、金堂や、五重塔など、国宝も多くあり見所がいっぱいです。
国内の参拝者や観光のお客だけではなく、海外からのお客様も多く訪れています。
京都へお越しいただいたら、ここは外せませんね。

1379420_331734420305488_225836896_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3563_convert_20131009002657.jpg

ほのぼのご家族様です年賀状の写真に出来るかな?



今日の一文

たとえ全てが失われようとも、
まだ未来が残っている。

クリスチャン・ネステル・ボヴィー(Christian Nestell Bovee)





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

源光庵

何度かご紹介している源光庵。丸い「悟りの窓」です。
この円は、「禅と円通」を表現しているそうです。
また、「迷いの窓」四角い形は「生老病死四苦八苦」を表現しています。
紅葉の時期は、彩り鮮やかな木々を窓を通して楽しむことが出来ます。
まるで丸い額縁の絵のように美しい姿です。

紅葉の時期、ぜひご案内したいお勧めの一つです。

1379473_334035206742076_339368036_n_convert_20131007150255.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3560_convert_20131007150818.jpg
DSCN3562_convert_20131007150939.jpg
DSCN3561_convert_20131007150901.jpg

アンティーク着物の古典柄で可愛く着こなして頂きました(*^^)v



今日の一文

計画のない目標は、
ただの願い事にすぎない。

サン=テグジュペリ





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

二条城 二の丸御殿 唐門

二条城は、1603年に徳川初代将軍家康が、京都御所の守護と、将軍上洛の際の宿泊所として造営した城。
その後、1626年に後水尾天皇の行幸を迎えるにあたって拡張されています。

京都市では世界遺産の二条城の保存継承の為、20年間の工期予定で、本格修理を行っています。
彩色復原等で、1603年の建築当初さながらの美しい姿に蘇った唐門です。
唐門は一間一戸の四脚門で、檜皮葺の屋根の前後に唐破風をつけています。
極彩色の彫刻を多用し、冠木上には龍虎、両妻には唐獅子などで飾られています。
欅材で破風に漆を塗り、各部に金箔を押した飾金具を打っています。
徳川家の繁栄が窺える、豪華絢爛な装飾ですね。
二条城は、徳川家の栄枯衰退だけではなく、日本の歴史の移り変わりを見てきたお城です。

ぜひ、ご案内申し上げたい場所ですね。

1236215_322814114530852_102742436_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3550_convert_20131006164659.jpg
DSCN3551_convert_20131006164826.jpg

リピさん(*^_^*)今日は着物で体験工房♪

DSCN3552_convert_20131006164952.jpg
DSCN3555_convert_20131006165119.jpg
DSCN3554_convert_20131006165034.jpg

アンティーク着物の中でも古典な感じで粋な着こなしですね

DSCN3556_convert_20131006165210.jpg
DSCN3558_convert_20131006165546.jpg
DSCN3559_convert_20131006165629.jpg

テーマは「わんぱく小娘」なので走り回って帰って来る事でしょう^m^☆



今日の一文

思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

マザー・テレサ





お客様ご来店


今日の散策スポットのご紹介

高台寺

豊臣秀吉が亡くなった後、菩提を弔う為に、秀吉夫人の北政所(ねね様)が、開創した寺です。
造営に際して、徳川家康は当時の政治的配慮からか、多大の財政援助を行なったので、寺観は壮麗を極めたといわれています。
庭園はたいへん見事で美しく、国の名勝庭園に指定されています。
偃月池には、秀吉の遺愛の「観月台」、そこから眺める月はとても風情があり、見る人の心を癒してくれます。
また、千利休の意匠による茶席の「傘亭」も、同じく重要文化財です。
高台寺は、国の重要文化財もたくさんあり、「高台寺蒔絵」と呼ばれる、桃山文化を代表する華麗な蒔絵装飾、開山堂を中心に東西に広がる池庭は、四季折々美しい姿を見せてくれます。


933996_330874760391454_425471942_n.jpg

雅京都観光タクシー様ご提供



本日のお客様

DSCN3547_convert_20131005125126.jpg
DSCN3548_convert_20131005125236.jpg

忍者が好きなお友達の為に着物で映画村(*^∀^*)



今日の一文

あなたがくだらないと思っている「今日」は、
昨日亡くなった人が、
なんとかして生きたかった、
なんとしてでも生きたかった「今日」なんです。

(ひすいこたろう)





| 京都着物処・べべ屋ホーム |