FC2ブログ

お客様ご来店


台風は何処に行ったのかな?

☂やと思ってた皆さんには、お天気で良かったです

皆さんどちらに行かれたのでしょうね(*^_^*)

DSCN3384_convert_20130831143522.jpg

お二人さん

DSCN3387_convert_20130831143739.jpg

レトロがグー

DSCN3386_convert_20130831143644.jpg

清楚です

DSCN3388_convert_20130831143826.jpg

おきゃんな三人娘

DSCN3390_convert_20130831143902.jpg

リピさんこの笑顔が忘れられません

DSCN3392_convert_20130831144033.jpg

よっちゃん

DSCN3391_convert_20130831143946.jpg

二人の保護者
スポンサーサイト

お客様ご来店


今日は午後から時雨れてきたみたいですね

8月も明日でお終い。
浴衣もそろそろとなります…
皆さま夏の思い残しはございませんか?

残暑が続きますので、9月初旬までは浴衣も残しておきますので、
今からでも間に合いますよ(*^_^*)


さて、本日のお客様です。

何店舗も廻って、ココと、
当店に決めてくれたお二人様が選んだのは…
涼しげな絽の夏着物

こんなの置いてる所無かったー(>∀<)☆と、大喜びになられた色柄が此方
↓↓↓

DSCN3374_convert_20130830172248.jpg
DSCN3377_convert_20130830172523.jpg
DSCN3376_convert_20130830172417.jpg

なかなか粋でしょう

アンティーク物を取り扱ってる当店ならではですね♪

レトロ好きにはたまりません

DSCN3383_convert_20130830180615.jpg

↑↑↑
別れを惜しんでいる一枚(>∀<)☆(笑)(笑)(笑)



さて、お次はおきゃんな三人さん

お友達の一人が東京に転職するので、思い出作りにええ話や~

浴衣で貴船に流しそうめん食べに行くんです♪と、
意気込んでたけれど、雨天中止になり残念
その代り祇園周辺を堪能されたそうです(*^∀^*)

華やかな三人さんでしたので祇園でも目立った事でしょうね☆

DSCN3378_convert_20130830172614.jpg
DSCN3381_convert_20130830172824.jpg
DSCN3380_convert_20130830172743.jpg
DSCN3382_convert_20130830172915.jpg
DSCN3379_convert_20130830172653.jpg

お客様ご来店


ここ暫く過ごし易かったのですが、今日は快晴で夏に戻りましたね

本日は、しっとり艶やかな女性陣のご紹介です。


DSCN3366_convert_20130829153449.jpg
DSCN3367_convert_20130829153536.jpg
DSCN3365_convert_20130829153325.jpg

古典柄の浴衣が良くお似合いですね♪
店主が無理やりポーズを取らせたので何だかぎこちない^m^

DSCN3370_convert_20130829154350.jpg
DSCN3368_convert_20130829153958.jpg
DSCN3369_convert_20130829154132.jpg

それぞれレトロ感があって、綺麗に着こなして頂きました

DSCN3371_convert_20130829154621.jpg
DSCN3373_convert_20130829154700.jpg

コスモス柄で秋を先取り(*^^)v
何だか色気がありますね~

引用

お客様ご来店


本日のお客様は、みぃ~んな大学生でした

今時の子は大人っぽくて艶っぽいですねぇ
とても大学生には見えないです(一人を除き

少し涼しくなってきて、散策もしやすくなりました。
やっぱり人気は清水寺ですね

知ってましたか?河原町まで行かなくても、三年坂の方にプリクラがあるのを☆
良かったら皆さんも散策ついでに利用してみて下さいね

DSCN3354_convert_20130827181455.jpg
DSCN3359_convert_20130827181653.jpg
DSCN3358_convert_20130827181634.jpg
DSCN3357_convert_20130827181615.jpg
DSCN3356_convert_20130827181531.jpg
DSCN3355_convert_20130827181516.jpg



DSCN3360_convert_20130827181708.jpg
DSCN3362_convert_20130827181740.jpg
DSCN3363_convert_20130827181758.jpg
DSCN3364_convert_20130827181814.jpg
DSCN3361_convert_20130827181725.jpg

お客様ご来店


本日のお客様です。

お出掛けの際にパタパタしてて、お写真を撮るのを忘れてしまい(>_<)
お戻りになられてから皆さんでパチリ
多少ヨレてるケド、お気になさらずに(*^_^*)

やっぱり家族連れは注目の的になるみたいで、
あっちでパチリこっちでパチリ
お写真を求められて忙しかったそうです。

可愛いからね~


DSCN3352_convert_20130826164403.jpg
DSCN3353_convert_20130826164425.jpg

お客様ご来店


毎月24日のお地蔵さんの日に合わせて、
昨日、今日と地域の地蔵盆をしている所が多いですね。

京都、もしくは関西以外の方にはあまり知られていないですが・・・

地蔵盆とは、
地蔵のある町内の人々がこの日にかけて地蔵の像を洗い清めて新しい前垂れを着せ、
化粧をするなどして飾り付けて、地蔵の前に集って灯籠を立てたり供え物をしたりして祀る
お祭りの事を言うのです。

地蔵盆の前後には、地蔵の据えられる家や祠の周囲などに、地蔵盆独特の提灯が多く飾られる。

京都では子供が生まれると、その子の名前を書いた提灯を奉納する風習がある。
おおむね女子は赤、男子は白で、その子が地蔵盆に参加しているあいだは、毎年飾られる。

地蔵菩薩は中近世以降子供の守り神として信仰されるようになった。

広く知られた伝説によれば、地蔵菩薩が、親より先に亡くなった子供が賽の河原で苦しんでいるのを救うという。

このことから地蔵祭においては特に子供が地蔵の前に詣り、その加護を祈る習わしになっている。
ところによっては、仏僧による読経や法話も行われるが、おおむねそれらの多くは子供達に向けたものである。
地域によっては、地蔵盆当日の朝に「数珠回し」を行う。
これは、町内の子供が、直径2〜3メートルの大きな数珠を囲んで座り、僧侶の読経にあわせて順々に回すというものである。

今日では地蔵盆は子供のための祭とも言え、
地蔵に詣った子供達は地蔵の前に集まった席で供養の菓子や手料理などを振る舞われる場合が多い。
また地域の子供達が一堂に会するため、子供達に向けたイベントも行われたり、そのまま子供達の遊び場となることもしばしばである。

初日朝に地蔵盆の用意をし、仏僧による読経、子供におやつの配布(日に一度か二度)、夜のイベント(踊りや線香花火など)。
翌日、おやつ配布、お供えのお下がり配布、後片付けといった流れが多いようである。
しかし、子供が少なくなったことや大人たちの都合がつきにくくなったりすることから、一日で終えてしまう町内も増えつつある。
また、地蔵盆における福引は、「ふごおろし」とも呼ばれる形式で行われていた。
福引担当の家の向かいの家から渡したロープにつるし紐で手繰り寄せた。
その後、その品を紐で1階へ下ろして渡すものである。
しかし、最近ではこういった福引はほとんど見られなくなった。

また、町内によっては天道大日如来を祀っており、それらの町内では大日如来の縁日である旧暦7月28日もしくは、それ前後(地蔵盆同様、お勤めの時期に7月もしくは8月の差異あり)に、同様の祭りである大日盆を行う。
上述の地蔵盆と同じく日程をずらして土日にすることが多いため、年によっては他の町内に1週間遅れて大日盆を勤めることもある。

ウィキペディア


DSCN3343_convert_20130825170108.jpg
DSCN3344_convert_20130825170225.jpg

さてさて、本日のお客様です。

まずは可愛らしい姉弟さん(*^_^*)めっちゃ似合ってますよね~

お姉ちゃん若いのにアンティーク着物好き

弟さんはカニさん柄の浴衣で決めてみましたっイカす~


DSCN3345_convert_20130825170315.jpg
DSCN3347_convert_20130825170353.jpg
DSCN3348_convert_20130825170503.jpg
DSCN3349_convert_20130825170643.jpg

お次は楽しい楽しい3人組さん

やっぱりアンティークに惹かれてのご来店ですので、

浴衣も今風の物ではなく、渋可愛いレトロ系と、大正浪漫なお着物をチョイスされました☆

いいですね~美しい

DSCN3350_convert_20130825170657.jpg
DSCN3351_convert_20130825170711.jpg

ラストは外人さん

華やかな赤い浴衣でキュートに着こなして頂きました(*^^)v

沢山お写真撮れたかな?

お客様ご来店


お盆休み明けました。

長期休暇を取らせて頂きありがとうございました。

本日より宜しくお願い致します。



今日のお客様(*^_^*)

アンティーク好きな三人娘さんが選んだのは、

絞りの浴衣に、紫×黄の浴衣と、矢絣の夏着物でした

それぞれのレトロ感がぴったりハマって良くお似合いです


DSCN3333_convert_20130824144943.jpg
DSCN3337_convert_20130824145150.jpg
DSCN3336_convert_20130824145125.jpg
DSCN3335_convert_20130824145105.jpg
DSCN3334_convert_20130824145027.jpg

お土産いただいちゃいました(>∀<)☆おおきにです~きゃ

DSCN3339_convert_20130825170036.jpg

お客様ご来店


本日も暑い中わざわざ当店までお越し頂いたお客様に感謝申し上げます。

明日からお盆休みに入らせて頂きますので、
ブログもしばしの間お休みとなります。
また、お盆明け24日から宜しくお願い致します。

お休み期間中になりますが、
8月16日は、大文字五山の送り火がございます。

来年はこの日営業出来るように努めたいと思います。


大文字五山の送り火とは、

京都四大行事の一つ、荘厳な夏の夜を演出する「大文字五山送り火」。

お精霊(おしょらい)さんが帰らはる―。

夏の夜空に燃え盛る五山の送り火は、お盆の精霊を送る宗教行事ですが、
京都の夏の風物詩としてあまりにも有名です。
午後7時50分頃から市内のビルが照明を落とすと、市中は静寂と独特の厳粛なムードに包まれます。
 
午後8時にまず東山如意ヶ嶽(ひがしやまにょいがたけ)に大の字が浮かび上がります。
8時10分に続いて松ケ崎西山に「妙」・東山に「法」、
8時15分に西賀茂船山に「船形」、衣笠大北山に「左大文字」、
最後に8時20分に嵯峨鳥居本曼荼羅山「鳥居形」が灯ります。

各山とも約30分間、火が灯り続ける五山の送り火は、京の夏の終焉を飾る行事でもあります。
 
よく見えるところ は「大文字」が賀茂川(鴨川)堤防 /丸太町橋~御薗橋の間、「妙」北山通 / ノートルダム女学院付近、「法」は高野川堤防 / 高野橋北付近、「船形」は北山通 / 北山大橋から北西、「左大文字」は西大路通/ 四条以北~金閣寺にかけて、「鳥居形」は桂川の松尾橋や広沢池など、
船岡山山頂からは鳥居形を除く四山が見えると言われています。

全国から多くの人が集い、
また毎年好評の鑑賞バスなどもますます人気を呼んでいます。


DSCN3116_convert_20130812154717.jpg
DSCN3117_convert_20130812154739.jpg

さてさて、本日の綺麗処のご紹介♪

テーマは「双子ちゃん」で、お揃いで柄違いの白地浴衣で

可愛らしく着こなして頂きました

トロッコに乗るんですって☆ワクワク

DSCN3118_convert_20130812154755.jpg
DSCN3119_convert_20130812154813.jpg

お次は、お上品なお姉さん系ですね。 

レトロな昔ながらの浴衣に、白い帯がとても清楚です

今度は是非、舞妓ちゃんにもチャレンジしてみて下さい♪

DSCN3121_convert_20130812175506.jpg
DSCN3122_convert_20130812175531.jpg

そして上半期最後のトリを務めるのは(大げさ?)賑やかお二人様

あれ、写真ではお三方ですねヽ(^。^)ノ まあ、気にせずに

ちょいと粋に川床でお食事されて、ふらふらブラブラ散策を堪能されたそうです



では、お盆明け宜しくお願い致しますね。

皆様のまたのご来店を心よりお待ち申し上げます!!

お客様ご来店


今日も暑かったですね

でも浴衣娘達は元気に散策に出掛けます!!蚊に喰われようとも!!!



今日も夏の行事を少しご紹介

壬生寺 万灯供養会

先祖の精霊を供養するお盆の行事が壬生寺で行われます。
本堂前には1000個以上の灯籠が点され、幻想的な雰囲気が漂います。
8月9日には壬生六斎念仏、8月16日には中堂寺六斎念仏の奉納も行われます。


清水寺 千日詣り 夜の特別拝観

清水寺で観音さまの最大の功徳日に「千日詣り」が行われます。
1日のお参りで千日分のご利益があるといわれる時に、
本堂の内々陣の本尊ご宝前での献灯ができます。
14日から16日の3日間には法要が営まれるほか、
夜の特別拝観も行われ、
音羽山を背景に舞台造の本堂が宵に浮かび、
夜ならではの独特な雰囲気を味わえます。

他にも夏ならではの行事が沢山ありますので、お見逃しなく☆


DSCN3111_convert_20130811173833.jpg
DSCN3115_convert_20130811174010.jpg
DSCN3114_convert_20130811173924.jpg
DSCN3113_convert_20130811173908.jpg
DSCN3112_convert_20130811173851.jpg

向日葵のように明るい3人娘

それぞれの持ち色が良くお似合い

安井の金比羅さんを潜ってから、清水寺までエッサホイサ、
特別拝観を見れたとご機嫌でした(*^∀^*)

かわゆい


明日でお盆前営業日の最終日となります。

13日~23日はお休みさせて頂きますので、宜しくお願い致します

お客様ご来店


今日は淀川の花火大会ですね

店主も昔々に寺坂ちゃんとサンダルで崖を上って見に行った記憶があります(>∀<)☆

今日で陶器市も最終日、

皆さん色々と楽しめたでしょうか?

DSCN3108_convert_20130810140308.jpg
DSCN3109_convert_20130810140742.jpg
DSCN3110_convert_20130810140442.jpg
DSCN3107_convert_20130810140217.jpg

さてさて、本日のお客様は常連さんが多かったですね。

花火大会や、貴船の床や、金閣寺、竜庵寺と皆さんそれぞれ楽しまれた様子

せっかくの夏ですからね、浴衣を、夏の風物詩を満喫したいものです

皆さん古典柄で粋に華やかに着こなされてました(*^^)v

お客様ご来店


今日は琵琶湖の花火大会がありますね

下賀茂神社では古本市があったり、五条の陶器市も活気めいておりますし、

見所一杯の京の夏休みです。



さて本日のお客様は、

古典柄が良くお似合いな可愛いお二人様
京懐石に、下賀茂神社へと盛り沢山なお楽しみコースです☆

DSCN3105_convert_20130808174737.jpg
DSCN3106_convert_20130808174758.jpg


昔ながらの古風な浴衣姿に、現代風な帯を取り入れて、粋に着こなし
琵琶湖の花火大会に行かれるお二人様

DSCN3100_convert_20130808174815.jpg
DSCN3101_convert_20130808174831.jpg


大人っぽいですが…実は、中学生
華やかに和モダンな浴衣を着こなして頂きました(*^∀^*)

DSCN3102_convert_20130808174907.jpg
DSCN3104_convert_20130808174922.jpg


皆様またお越し下さいね

お客様ご来店


陶器まつり

清水焼発祥の地・五条坂で毎年恒例の陶器まつりが、明日から開催されます。

大正9年から続くこのお祭りでは、約400店が出店し、五条坂一帯を埋め尽くします。
もともと、六道珍皇寺や大谷本廟へのお盆参りの人々で賑わう時期に、周辺の店が大下(おおげ)、つまり一級品として出せないものを売りだしたことが始まり。
現在でも市価の30~50%(!)の価格で販売されているので、器好きは必見です。
五条坂の北側には老舗の窯元が、南側には若手作家の作品が並び、かき氷など食べ物の出店もあり夜遅くまで賑わいます。

開催は8/10(土)まで。



そして もうすぐお盆なので、六道珍皇寺のご紹介

あの世とこの世を結ぶ寺

六道珍皇寺の一帯はかつての葬送地でした。
鳥辺野入り口にあたり六道の辻といいます。
鳥辺野へ至る道筋にあたる六道珍皇寺にて野辺の送りの法要を行い、
この地で最後のお別れの後、隠防により風葬の地である鳥辺山の麓へと運んで行きました。
そんな風習の為か、珍皇寺の辺りを中世以降「六道の辻」と呼び、他界(地獄)への入り口とされてきました。
この六道とは仏教の説く六道輪廻の死後の世界のことで地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上界の六つの世界を指します。
衆生は死後生前の善悪の業により六道のいずれかに赴くとされ、
珍皇寺はこの六種の冥界への入り口にあたり、
人の世の無常と儚さを感じる「あの世とこの世」の分岐点と信じられてきました。

毎年お盆前に鳴り響く、お迎えの鐘

鐘楼にかかる鐘は、毎年お盆に精霊をお迎えするために撞かれますが、
古来より、この鐘の音は遠くは十萬億土の冥土まで響き渡り、
亡者は、そのひびきに応じてこの世に呼び寄せられると伝わっています。

このことより「お迎え鐘」と呼ばれています。





DSCN3090_convert_20130806131642.jpg
DSCN3095_convert_20130806131810.jpg
DSCN3094_convert_20130806131748.jpg
DSCN3093_convert_20130806131733.jpg
DSCN3092_convert_20130806131717.jpg
DSCN3091_convert_20130806131700.jpg

本日のお客様は、

可愛い女子高生4人組きゃー

とりあえず夏休みに浴衣で京都散策がしたかったそうで、
念願叶って良かったですね~

DSCN3096_convert_20130806131827.jpg
DSCN3099_convert_20130806131918.jpg
DSCN3098_convert_20130806131903.jpg
DSCN3097_convert_20130806131846.jpg

お次は、はんなり姉妹さん

下賀茂神社まで行かれたそうです~

お姉ちゃんは夏着物で、妹ちゃんはレトロな浴衣で、
どちらもしっくりお似合いですね

お客様ご来店


続いて本日のお客様

お友達のご紹介で来て下さいました。

DSCN3088_convert_20130805180218.jpg
DSCN3089_convert_20130805180555.jpg

彼氏さんが淡い色の浴衣を選ばれたので、
彼女さんは濃い目で古風な感じの浴衣

夕方頃にバケツをひっくり返したような豪雨がありましたが、
上手いことすり抜けて、三十三間堂から河原町まで、
けっこう長距離の散策を楽しまれたそうです

これから高台寺のライトアップへと~ 楽しんで来て下さいね(*^^)v

お客様ご来店


夏本番
各地ではイベント目白押しとなっておりますが、
皆さんはどの行事に参加されますか?

近場では、高台寺の百鬼夜行、五条坂の陶器まつり、京の七夕等々、

今しか味わえない夏の行事を楽しんで頂きたいものですね

DSCN3087_convert_20130805163504.jpg

今日は職場の皆さんでお越し下さいました

色とりどりで華やかですね♪

この後、祇園会館へとお出掛けです

お客様ご来店


せっかく京都に住んでるのに
実はあまり観光をした事が無いって方、
少なくありませんよね。

せっかくの京都ですから、
普段着ない浴衣で散策もオツなものですよ

DSCN3085_convert_20130804172624.jpg
DSCN3086_convert_20130804172648.jpg

本日のお二人様は
色合い優しく、はんなりした感じに仕上がりました(*^_^*)

可愛いですね

お客様ご来店


本日のお客様は、ゆったり癒し系の女子4人組

なのでお互い遠慮の塊(>∀<) 
「先に選らんでいいよ~」「私は後でいいよ~」「いいよ~」「いいよ~」「いいよ~」…←エンドレス

と、いう事で、あみだで決めました☆

DSCN3079_convert_20130804172428.jpg

結果

DSCN3080_convert_20130804172451.jpg

それぞれ上手くまとまった感じですね

DSCN3081_convert_20130804172509.jpg
DSCN3082_convert_20130804172530.jpg
DSCN3083_convert_20130804172546.jpg
DSCN3084_convert_20130804172603.jpg

お客様ご来店


本日は、八朔の日です。

祇園で八朔とは、八月朔日(一日)に芸子や舞妓が、
芸事の師匠らにあいさつに回る行事です。

花見小路の一力茶屋の前辺りは、
その姿のシャッターチャンスを狙うカメラマンの姿で溢れます。


昨日は、祇園祭の最後の行事「疫神社夏越祭」が行われ、
関係者が出席した神事と茅の輪くぐりが行われました。

1日の社参から始まった長い一カ月、本当にお疲れ様でした。

DSCN3075_convert_20130801152127.jpg
DSCN3076_convert_20130801152147.jpg
DSCN3077_convert_20130801152210.jpg
DSCN3074_convert_20130801152102.jpg

今日のお客様はリピーターさん

お誕生日のお祝いという事で、
彼氏さんからのプレゼントなのです
べべ屋を選んで頂けるなんて嬉しいし、何よりええ話やないですか~ヽ(^。^)ノ

前回は、明るく可愛い感じでしたが、
今回は、艶やかに大人な感じで責めてみました!!

彼氏さんのグレーと良くお似合いです

お誕生日おめでとうございます

| 京都着物処・べべ屋ホーム |